石綿(アスベスト)分析

1.はじめに

石綿(アスベスト)は、天然にできた鉱物繊維です。熱にく、摩擦に強く切れにくい、酸やアルカリにも強いなど、丈夫で変化しにくいという特性を持っています。
また、石綿の危険性は、丈夫で変化しにくいため、吸い込んで肺の中に入ると組織に刺さり、長い潜伏期間を経て、肺線維(じん肺)、悪性中皮腫の原因、肺がんなどの病気を引き起こす恐れがあることです。
石綿の用途は、石綿工業製品と建材製品が大半です。昭和30年ころから使われ始め、ビルの高層化や鉄骨構造化に伴い、鉄骨造建築物などの軽量耐火被覆材として昭和40年代の高度成長期に多く使われています。
(出典:「私たちの環境とアスベスト」環境省を一部改変)

2.石綿(アスベスト)の調査方法の概要

2.1  建材中の石綿含有量調査
(1)調査フロー
建材中の石綿含有量調査は、書面調査を行い、含有が不明な場合は当該建材試料を採取して、含有の有無を確認します。調査フローを図1に示します。

図1 調査フロー (出展:石綿含有建材の石綿含有率測定に係る講習会テキスト)

当センターでは、書面調査や現場調査は、①建築物石綿含有建材調査者、②アスベスト診断士、③石綿作業主任者等の有資格者が担当いたします。
(2)試料採取
書面調査で「石綿含有が不明」であった場合は、現場を確認し、試料採取・分析を実施して、石綿含有の有無を判断します。
建築物で石綿を含む可能性のあるものとしては、吹付け材、天井材や外壁サイディング、スレート板等の成型板、煙突用セメント管、フェルト状断熱材、床用タイル、外壁用仕上塗材等があります。また、ボイラー、タービン、化学プラント、焼却施設等の工作物で石綿を含む可能性のあるものとしては、本体や配管の保温材、配管と配管のつなぎ目のシール材、熱によるダクト伸縮を緩和するための伸縮継ぎ手等があります。
上記のような石綿を含む可能性のある施工範囲から試料を採取します(写真1)。

写真1 試料採取の様子

2.2 空気中の石綿粉塵濃度測定
石綿含有建材の除去等の対策工事を実施する場合に、作業工程に合わせて空気中の遷移数濃度を把握することが望まれます。

ポンプで空気を吸引してフィルターに付着した石綿繊維の本数を、位相差分散顕微鏡等を使用し計数します。当センターでは、JIS K 3850-1「空気中の繊維状粒子濃度測定 第一部」やアスベストモニタリングマニュアル(環境省)に基づいて空気中の石綿粉じん濃度測定を実施しています。

3.石綿(アスベスト)の分析方法の概要

3.1  建材中の石綿含有量調査
・定性分析方法(JIS A 1481-1,2)
当センターでは、定性分析方法として「JIS A 1481-1 偏光顕微鏡法」、「JIS A 1481-2 X線回折分析・位相差分散顕微鏡法」を実施しています(写真2,3,4)。
・定量分析方法(JIS A 1481-3)
当センターでは、定量分析方法として「JIS A 1481-3 X線回折分析法」を実施しています(写真2)。

3.2空気中の石綿粉じん濃度測定
・繊維状粒子濃度測定(JIS K 3850-1)
当センターでは、計数分析に「位相差顕微鏡法」、「位相差分散顕微鏡法」、「走査電子顕微鏡法」を使用しています(写真2,4)。また、複数の分析方法を組み合わせることで、石綿繊維(アスベスト)の有無を確認しています。

当センターでは、事前調査から分析まで一貫して実施でき、細やかな対応が可能です。ご気軽にご相談ください。

写真2 位相差分散顕微鏡

写真3 X線回折分析装置

写真4 走査電子顕微鏡