環境アセスメント

 環境影響評価法、各県の環境影響評価条例等に基づき、ゴルフ場、スキー場、ダム、道路、団地造成などの大規模土地開発事業の際には、自然環境の保全や公害防止に関する環境要素を正確にかつ多面的に把握し、これらの事業が周辺環境にどんな影響を与えるかを予測、評価します。それにより、開発と自然保護の調和を模索し、その事業を環境保全上より望ましいものとしていきます。
調査を行うのは、大気汚染、騒音・振動、水質、土壌汚染、地形・地質、地盤沈下、自然環境(動物、植物、生態系)、景観などの項目で、行われる事業の種類や事業が計画されている対象地域の特性に応じて調査項目を決定します。
これらの項目について、開発前の状況を正確に把握し、事業計画に基づいて周辺環境に与える影響を予測・評価し、環境に与える影響の程度を軽減する対策を検討します。

図 環境影響評価の流れ

 当センターでは、今までの環境アセスメントの豊富な経験を生かし、方法書の作成から事後調査まで一連の環境影響評価業務を実施しております。
詳細については、お問い合わせ下さい。

表 環境影響評価の対象事業

対   象   事   業 環境影響評価法 新潟県環境影響評価条例
道路 高速自動車道
自動車専用道路
一般国道
県道、市町村道、農道
林道
河川 ダム
放水路
湖沼開発
鉄道 新幹線鉄道
普通鉄道、軌道
飛行場
発電所 水力発電所
火力発電所
地熱発電所
原子力発電所
風力発電所
廃棄物処理施設 一般廃棄物処理施設 焼却施設
し尿処理施設
最終処分場
産業廃棄物処理施設 焼却施設
最終処分場
下水道終末処理場
公有水面の埋立・干拓
土地区画整理事業
新住宅市街地開発事業
住宅団地造成事業
工業団地造成事業
新都市基盤整備事業
流通業務団地造成事業
宅地の造成事業
農用地の造成事業
土石砂利採取事業
レクリエーション施設
工場又は事業場
リゾートマンション
港湾計画
複合開発事業