飲料水検査

 当センターでは、水道法第20条の登録検査機関として、上水試験法に基づき飲料水の検査を実施しています。
理化学検査・細菌検査・VOC・農薬検査などにより、原水や浄水、井戸水などの水が安全かどうかを検査しています。

全有機体炭素計
(有機物等の分析)

イオンクロマトグラフ
(塩素イオン、Ca、Mgなどの分析)

ICP-MS分析装置
(マンガン、鉛、ヒ素などの分析)

GC-MS分析装置(ヘッドスペース法)
(VOCの分析)

水質検査項目について(抜粋)

一般細菌

特定の細菌を指すものではなく、いわゆる雑菌です。病原性がないものがほとんどですが、
汚染された水では明らかにその数が増えます。

大腸菌

人や温血動物の腸管で生きている細菌です。
検出される場合はその水が糞便汚染されている可能性があります。

硝酸性窒素・
亜硝酸性窒素

水中に多量に含まれる時は、生活排水の混入、し尿の汚染があったり、
田畑の窒素肥料の影響などが考えられます。

自然界に広く多量に分布し、体の中にも含まれている元素の一つです。

塩素イオン

わかり易く言うと、塩分のことです。塩素イオンは地域差がありますが、ある程度は必ず含まれているものです。急激な値の変動により水質の変化を知る目安になります。

硬度

水中のカルシウムやマグネシウムの量を表したものです。

有機物等

全有機体炭素量とも言い、主に有機物の量を示します。有機物とは炭素を含む化合物のことです。有機物の量は汚染の程度を知る良い目安となります。

pH値

水の酸性、アルカリ性を示す数値です。

色度

水の着色の程度を示しています。着色原因は、鉄・マンガン、有機物などが関係しています。

濁度

水の濁りの程度を示したものです。