廃棄物処理施設整備の生活環境影響調査

平成9年6月に「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」が改正され、許可を要するすべての廃棄物処理施設について、生活環境影響調査の実施が義務づけられました。また、新潟県では産業廃棄物処理施設について「新潟県産業廃棄物処理施設の設置及び維持管理に関する指導要綱」を別に定めており、設置許可対象施設はもちろんのこと、処分業者は許可不要施設である場合でも生活環境影響調査を実施し、県の事前協議等の手続きを行わなければなりません。
当センターでは、環境アセスメントの豊富な経験を生かし、以下のような廃棄物処理施設の設置に係る生活環境影響調査を数多く受託しております。

・一般廃棄物焼却施設の設置に係る生活環境影響調査
・産業廃棄物焼却施設の設置に係る生活環境影響調査
・産業廃棄物最終処分場の増設に係る生活環境影響調査
・産業廃棄物中間処理施設(破砕プラント)の設置に係る生活環境影響調査
・産業廃棄物中間処理施設(汚泥脱水施設)の設置に係る生活環境影響調査

図 生活環境影響調査の流れ(出典:廃棄物処理施設生活環境影響調査指針(厚生省、平成10年)

詳しいリーフレットをこちらに用意しました。