環境ホルモン分析

環境ホルモンとは

 「環境ホルモン」とは、内分泌撹乱化学物質の略称です。内分泌撹乱化学物質とは、生体内に取り込まれた場合に、その生体内の正常なホルモン作用に影響を与える外因性の物質で、現在約70種類の化学物質が疑われています。ホルモン作用への影響としては、生殖機能に関する悪性腫瘍の発生や形態異常などが知られています。

環境ホルモンの分析方法

 環境ホルモンの分析は、有機溶剤などで目的物質を抽出し、クリーンアップや濃縮等の処理を行なった後に、ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)、液体クロマトグラフ(LC)、液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS)などを用いて測定を行ないます。