熱量測定装置

 発熱量測定
 純粋な水1gの温度1気圧の下で14.5℃から15.5℃まで上昇させる熱量をカロリー[cal](15℃カロリー)といい、
熱量の単位として古くから用いられてきました。しかし、現在、精密測定ではカロリーでなく、
国際単位系のジュール[J]が用いられます。1cal=4.1855Jと定義されています。
 発熱量試験では、試料を燃焼させてその間の温度上昇を測定し、試料1gあたりの熱量Jを求めます。

ボンベ

原理および構成

 断熱式ボンベ熱量計と呼ばれる熱量計です。
試験方法としては、まず酸素を圧入したボンベ(耐圧製の密閉容器)の中で秤量した試料を燃焼させます。
その際に発生する熱量を一定量の水に伝え、水の温度上昇を精密に測定します。
この温度上昇から発熱量を計算で求めます。
 特徴は、発生した熱量を吸収させる水を入れた容器を、温度調整のできる外容器で囲むことで、
外気と遮断してできるだけ熱損失を少なくしている点です。
 また、この装置では、温度測定が自動で行われパネルにデジタル表示されます。

センターでの主な分析試料例

 ごみ質・廃タイヤ・石炭・豆炭・軽油・重油