全自動元素分析装置

 CHN分析
 有機物をはじめ多くの物質を構成するC、H、N (炭素、水素、窒素)は、燃焼するとCO2、H2O、N2ガスとなります。
この装置では、サンプルを完全燃焼させて生成したCO2、H2O、N2を測定することによって、C、H、Nの定量を行います。

原理および構成

 この装置は、燃焼部・ガス制御部・分離部・検出部の4つの部分から成り立っています。 
 サンプルは、スズカプセルに包んで燃焼管に落下させ、純酸素中で燃焼させます。
1800℃以上で分解燃焼します。生成したガスは、酸化触媒で完全燃焼酸化され、CO2、H2OおよびNOxとなります。
同時に生じたハロゲン等の妨害元素は、種種の試薬で除去されます。
 還元管では、還元銅によってNOxがN2に還元され、サンプルの燃焼に用いられた酸素の過剰分が吸収されます。
こうしてサンプルより生成した燃焼ガスは、ガス制御部で混合され、圧力、温度を一定に制御されて均一化されます。
均一化したガスは分離カラムを通って成分分離されます。
分離したN2,CO2,H2Oを熱伝導度検出器(TCD)を用いて検出し定量します。

センターでの主な分析試料例

 ごみ質、たい肥、汚泥、廃タイヤ、石炭、製品分析  等