高感度、高分解能ガスクロマトグラフ・質量分析計(GC-HRMS)

マイクロマス AutoSpec-Ultima 二重収束型

原理および構成

 ガスクロマトグラムに注入された試料がキャピラリーカラムを経て各成分ごとに分離され、
それらがイオン源で電子ビームの衝撃(EI法)を受けてイオン化されます。生成したイオンは加速され
分析管で質量分離されます。その後、変換ダイノードで電子さらに光に変換され
光電子倍増管(フォトマルチプライヤー)にて検出され、質量スペクトルやクロマトグラムが得られます。

特 徴

 トライセクタ光学系(EBE配置)を採用しており、特に感度と分解能に関して、類のない優れた性能を有しています。

GC-HRMSの主な応用例

 極微量環境汚染物質、特にダイオキシン類やPCBsなどの定性・定量分析に有効に利用されています。
測定結果の信頼性は世界的に定評があります。