イオンクロマトグラフ(IC)

イオンクロマトグラフとは

 イオン類、特に微量無機イオン類やアルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウムイオンなどの分析に、
極めて有効な分離分析法である。

原 理

 試料を装置に注入し、分離カラム(低交換容量のイオン交換樹脂を充填したもの)を通過して
それぞれのイオンを分離し、サプレッサ(溶離液の電気伝導率を下げる装置)を通ったものを
電気伝導検出器で電気伝導率を測定する。
 イオンクロマトグラフは、サプレッサを使わなかったり、検出器を別のものにしたりなど
上記以外にもさまざまな応用方法がある。

特 徴

 自動化が容易で迅速、かつ高感度測定が可能。
 少量の試料で複数のイオンを同時に測定できる。

センターでの主な用途

 河川水、湖沼水などの環境水や排水、飲料水、酸性雨などの分析に利用している。