LC/MS/MS

原理及び構成

LC/MS/MSは高速液体クロマトグラフ(HPLC)と質量分析計(MS)を結合させた装置です。
LC部では、主に試料中成分の固定相(カラム)と移動相に対する保持力の差により成分を分離します。
MS部ではLC部で分離した試料成分を1段目のMSでイオン化し、質量ごとにわけて(プレカーサイオン)、
さらに分離されたイオンを衝突室(コリジョンセル)内で不活性ガスに衝突させてイオンを解離させます(プロダクトイオン)。
そのイオンを2段目のMSで分析します。試料成分のイオンを2段階MSで選別するため選択性が高く、
高感度に定量することができます。また、化合物の構造解析においても多くの情報を得ることができます。

特 徴

GC/MSと比較すると、GC/MS分析では試料をガス化させる必要があり、
分析可能な試料は比較的低分子の気体、揮発性の化合物又は熱に安定な化合物などに限られます。
LC/MS/MSでは移動相に溶解さえすれば、難揮発性化合物や熱に不安定な化合物の分析が可能であり、
GC/MSに比較して分析試料の適用範囲が広いという利点があります。

センターでの主な用途

・飲料水、河川水中の農薬分析
・食品残留農薬分析
・食品成分分析
・食品添加物分析
・医薬品分析