ATD-TurboMass System

 ATD(Automated Thermal Desorber)の導入により、固体吸着-加熱脱着-GC/MS法(チューブ法)による
室内空気汚染の分析が可能になっています。
大きな容器を必要とするキャニスター法や時間のかかる溶媒抽出法に比べ、迅速かつ正確な測定結果が得られます。