品質/環境方針

 私たちは、環境計量証明事業者として自然環境や生活環境の現実を正しく「見つめ」そして「知る」ことを事業活動の基本とし、『社会にとって有用な存在でなければならない』という理念のもと、顧客満足の向上を目指し、持続可能な資源の利用、生物多様性を損なうことの無いような生態系の保護を目標に環境影響の低減及び保全を図り、地球と共存できる事業活動を継続してまいります。

1. 常にお客様の立場に立ち、品質・コスト・納期・丁寧なサービスで信頼を提供し、顧客満足を向上させます。また、精度の高いデータを提供することにより、顧客事業所における環境保全・品質保証・法令順守活動を支えます。
 ●顧客の声を積極的に収集し、付加価値の高いサービスを志向する

2. 社会の要求事項と顧客を含む密接な利害関係者のニーズ及び期待を的確に理解し、常に品質・技術の向上と環境保護に向けた活動及び人材の育成に努めます。
 ●顧客関連情報の有効な利活用により、顧客ニーズに的確に応える
 ●組織力向上のため、新技術の導入や教育訓練の強化を図る

3. 気候変動の緩和及び直接的な生態系への影響を考慮し、廃棄物の減量化と資源エネルギーの効率的利用を図り、省資源・省エネルギーを推進するとともに環境汚染の予防に努めます。
 ●事業活動によるエネルギー使用量を把握し抑制に努める (月毎の使用量を監視測定し、変動要因を考察して効率化検討)
 ●環境関連施設の更新・変更時には、それに伴う緊急事態対応手順の見直し、訓練を行う

4. 品質・環境に関する法令・規制要求事項を順守します。
 ●環境と品質に係る法令及び関連する各種規程を見直す

5. 目的及び目標を設定し、監視測定結果と取組み成果を見直すことにより、品質・環境マネジメントシステムの有効性の継続的改善に努めます。
 ●統合MSの運用状況を適時・適切にレビューし、継続的に有効性の向上を図る

2020年4月 1日
一般財団法人 上越環境科学センター
理事・センター長 田村 三樹夫