ダイオキシンについて

1.ダイオキシン類とは

 平成11年7月16日に公布されたダイオキシン類対策特別措置法においては、
ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン(PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)、及び
コプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)を総称して”ダイオキシン類”と定義されています。
下の図のように、ダイオキシン類は2つのベンゼン環が連結し、各数字の位置に塩素がつく構造をしています。
 ベンゼン環につく塩素原子の数やその位置によって毒性や呼び方が異なり、
例えば、ダイオキシン類の中で最も毒性の強いものは、PCDDのうちで4つの塩素が
2,3,7及び8の位置についたもので、これを2,3,7,8-TCDDといいます。
 PCDDは75種類、PCDFは135種類、コプラナーPCBは十数種類の仲間があります。
 (これらのうち毒性があるとみなされているのは29種類です。)

【図 ダイオキシン類の構造図】

 PCBsの中で2つのベンゼン環が同一平面上にあって扁平な構造を有するものを「コプラナーPCB」といいます。
 なお、PCBsの中には、同一平面上にない構造を有するものについてもダイオキシンと似た毒性を有するものがあり、
日本では現在、これらも併せてコプラナーPCBとして整理しています。

2.ダイオキシン類全体の毒性の強さの評価方法

 最も毒性が強い2,3,7,8-TCDDの毒性を1として他のダイオキシン類の仲間の毒性の強さを換算した
係数が用いられています。

化合物

TEF(2006)

PCDDs

2,3,7,8-TeCDD

1

1,2,3,7,8-PeCDD

1

1,2,3,4,7,8-HxCDD

0.1

1,2,3,6,7,8-HxCDD

0.1

1,2,3,7,8,9-HxCDD

0.1

1,2,3,4,6,7,8-HpCDD

0.01

OCDD

0.0003

PCDFs

2,3,7,8-TeCDF

0.1

1,2,3,7,8-PeCDF

0.03

2,3,4,7,8-PeCDF

0.3

1,2,3,4,7,8-HxCDF

0.1

1,2,3,6,7,8-HxCDF

0.1

1,2,3,7,8,9-HxCDF

0.1

2,3,4,6,7,8-HxCDF

0.1

1,2,3,4,6,7,8-HpCDF

0.01

1,2,3,4,7,8,9-HpCDF

0.01

OCDF

0.0003

DL-PCBs
ノンオルト体

3,4,4′,5-TeCB(#81)

0.0003

3,3′,4,4′-TeCB(#77)

0.0001

3,3′,4,4′,5-PeCB(#126)

0.1

3,3′,4,4′,5,5′-HxCB(#169)

0.03

DL-PCBs
モノオルト体

2′,3,4,4′,5-PeCB(#123)

0.00003

2,3′,4,4′,5-PeCB(#118)

0.00003

2,3,3′,4,4′-PeCB(#105)

0.00003

2,3,4,4′,5-PeCB(#114)

0.00003

2,3′,4,4′,5,5′-HxCB(#167)

0.00003

2,3,3′,4,4′,5-HxCB(#156)

0.00003

2,3,3′,4,4′,5′-HxCB(#157)

0.00003

2,3,3′,4,4′,5,5′-HpCB(#189)

0.00003

注記

このTEFは、2005年にWHO/IPCSから提案され、2006年に専門誌(Toxicological Sciences,Oxford Journal社、Volume93、Number2)に掲載されたものを表す。

3.ダイオキシン類の性質

 ダイオキシン類は、通常無色の固体で、水に溶けにくいという性質を持つ一方、油などの有機溶媒には
比較的溶けやすく、生体内では脂肪組織に蓄積されやすい性質を持っています。
 また、他の化学物質や酸、アルカリには簡単に反応せず、安定した状態を保つことが多いのですが、
太陽光の紫外線で徐々に分解されるといわれています。

4.ダイオキシン類の発生源

(1)主な発生源
 ダイオキシン類は、主としてものを燃やすところから発生し、炭素、酸素、水素、塩素が熱せられるような過程で
自然にできてしまう副生成物であり、研究目的で作られる以外には、意図的に作られることはありません。
 主な発生源は、ゴミの焼却ですが、その他に、製鋼用電気炉、鉄鋼業焼結施設、
原料として製鋼用電気炉の集じん灰を使用する亜鉛回収施設等の産業系発生源の他、タバコの煙、
自動車排出ガスなど様々な発生源があります。
(2)最近の発生状況
 平成11年のダイオキシン類対策特別措置法の公布以降、ダイオキシン類の排出量は、平成11年では全国で2,874~3,208g-TEQ/年でしたが、令和元年では103~105g-TEQ/年へと約96%の削減になりました。
 さまざまな努力の結果、ダイオキシン類の排出量を大幅に削減することができましたが、引き続き現在の取組みを維持し、ダイオキシン類の排出量を押さえていくことが大切になります。

5.ダイオキシン類の人に対する影響は?

1.通常の生活の中で摂取する量では急性毒性は生じません。
2.ダイオキシン類のうち2,3,7,8-TCDDは、事故などの高濃度の曝露の際の知見では人に対して
 発ガン性が認められていますが、現在の日本の通常の環境の汚染レベルでは危険はありません。
 なお、ダイオキシン類自体が直接遺伝子に作用して発ガンを引き起こすものではなく、
 他の発ガン物質による発ガン作用(ガン化)を促進する作用(プロモーション作用)であるとされています。
3.比較的多量のダイオキシン類を投与した動物実験では、口蓋裂等の奇形を起こすことが認められていますが、
 現在の日本の通常の環境の汚染レベルでは奇形が生じるほどではないと考えられています。
4.多量の曝露では、生殖機能、甲状腺機能及び免疫機能への影響があることが動物実験で報告されています。
 しかし、人に対しても同じような影響があるのかどうかはまだよく分かっていません。
5.ダイオキシン類の安全性の評価には耐容一日摂取量(TDI)が指標となります。
 国では、最新の科学的知見をもとに、平成11年6月にダイオキシン類の耐容一日摂取量
 (TDI:長期にわたり体内に取り込むことにより健康影響が懸念される化学物質について、
 その量までは人が一生涯にわたり摂取しても健康に対する有害な影響が現れないと判断される
 1日体重1kgあたりの摂取量)を4pg/kg/日と設定しています。

6.ダイオキシン類は環境にどれだけの影響を与えているのか?

1.日本における平均的な環境中での濃度は、大気中では約0.017pg-TEQ/m3、土壌中では約3.0pg-TEQ/gです。
 (令和元年度度の調査)
2.野生生物に対する影響についてはよくわかっていませんので、
 現在、国では野生生物のダイオキシン類汚染の状況などの調査研究を推進しています。

7.私達はダイオキシン類をどれくらい取り込んでいるのか?

1.厚生省の平成30年度の調査によれば、私達の食品からのダイオキシン類の一日摂取量は、平均0.51pg-TEQ/kg BW/日になります。安全の目安となる指標(TDI:4pg-TEQ/kg bw/日)を下回っています。
2.脂肪組織に残留しやすいので、食品では特に魚介類、肉、乳製品、卵からの摂取量が多くなっています。
3.体内、特に脂肪に蓄積しやすく、取り込んだ量が半減するのに約7年かかります。
 ダイオキシン類がひとたび体内に入ると、その大部分は脂肪に蓄積されて体内にとどまります。
 分解されたりして体外に排出される速度は非常に遅く、人の場合は半分の量にな驍フに約7年かかるとされています。
4.長時間継続して安全の目安となる指標(TDI)を上回って摂取しないようバランスのよい食事をすることが重要です。
 食品に含まれるダイオキシン類の量は、食品の種類によっても異なり、同じ種類の食品でも
 とれた場所や時期によっても異なります。各種の食品に含まれる栄養素は健康のために大切ですので、
 たくさんの種類の食品をバランス良く食べるように心がけることが大切です。
5. 食品からの摂取量は20年前に比べて著しく減少しています。